PETとは PET/CTについて 検査費用等について よくあるご質問
症例画像 スタッフ・センター資料 PET関連リンク お問い合わせ





















スタッフ

院長  陣之内 正史
  (S56年卒)
放射線科診断専門医
核医学専門医
PET核医学認定医
がん検診認定医
肺がんCT検診認定医師
医師  田邊 博昭
  (H11年卒)
放射線科診断専門医
核医学専門医
PET核医学認定医
医師  立野 利衣
  (H14年卒)
放射線科診断専門医
核医学専門医
PET核医学認定医


稼働実績

検査数
実績
平成14年6月〜平成24年6月
(丸10年)

総検査数
46,000件
・がん検診 17,000件
・保険外 3,000件
・保険 26,000件
検診
発見例
・がん検診でのがん発見数
  349例
(356のがん、重複がんが6人(3つのがんを持った人含む))/12,654例(18,493件)
・発見率
  2.8%(延べ件数では1.9%)
 

発見癌(*PET陰性)

男性
女性
平成14年6月〜平成25年6月
(男177例、女172例)
・甲状腺癌  79例(*4)
・大腸癌  66例(*9)
・前立腺癌  52例(*46)
・肺癌  49例(*30)
・乳癌  26例(*2)
・悪性リンパ腫  16例
・子宮癌、卵巣癌 15例(*2)
・胃癌  17例(*4)
・腎癌  11例(*6)
・膀胱癌  6例(*5)
・肝臓癌  6例(*3)
・食道癌  3例
・膵癌  2例
・その他  8例
 
29
41
52
21
-
6
-
9
9
5
5
1
-
3
50
25
-
28
26
10
15
8
2
1
1
2
2
5


センター資料

正式稼働 平成14年6月17日 中国・四国、九州の民間では初のPET施設
設立母体 医療法人慈風会 厚地脳神経外科病院 60床  脳ドック 1,600名/年
厚地リハビリテーション病院 57床 
老人保健施設 鴨池慈風苑 60床
設立目的 FDG-PETによる癌ドック・保険診療
主に癌診断,鑑別、病期、治療経過、再発診断
場所 鹿児島市照国町13-37
施設規模 地下1階地上2階
PET関連機器 サイクロトロン:CYPRIS MINItrace
FDG-自動合成装置:F100(住友重機械製) 2台
PET:GE ADVANCE NXi 1台
PET/CT:GE Discovery ST 1台、GE Discovery 600 mortion 1台
検査機器 CT、US、( MR )
PACS Nahri-PACS (株)MiD
導入までの経緯
H13年 4月 導入決定
PET2台で採算ベース.将来は、3台 H14年 2月 サイクロトロン設置
6月 サイクロトロンをMINItraceに決定 (住友重機械) 3月 PET設置
9月 PETをGE Advanceに決定 (GE) 3月 30日 第二回鹿児島PETセミナー(国際シンポジウム)
11月 着工
11月9日 第一回鹿児島PETセミナー(一般向)
4月 1日 竣工
5月 30日 放射線安全技術センターの施設検査
6月 7日 施設検査合格、サイクロ運転とFDG合成開始
6月 14日 ボランティア開始
6月 17日 正式稼動




厚地記念クリニック PET画像診断センター 開設5周年を迎えて

厚地記念クリニック PET画像診断センター  陣之内 正史

はじめに
 平成14年に中四国、九州の民間病院では始めてPET機器を導入し、本年(平成19年)で開設5周年を迎えることができました。このことは、受診者をはじめ各医療機関・自治体・各種共済組合・各種団体皆様の「PET」に関するご理解の賜と心より感謝申し上げます。開設から現在までの当院の状況について、ご紹介いたしたいと思います。

1.PET導入の経緯
 脳神経外科単科の開業としては当時珍しかった昭和47年に開院し、平成14年に30周年を迎えた医療法人慈風会厚地脳神経外科病院が、21世紀の新しい医療を目指してPETの導入を決定。平成13年11月に着工し平成14年4月に竣工しました。病院の中の一部門ではなく独立し、PET画像診断に特化したクリニック形式である点が特徴です。
 理事長の厚地政幸先生が脳外科の診療とは全く関係なく、癌の診断にPETが役立つことを知り、諸要因を検討の結果、導入を決意しました。受診者の目処については、当時年間1600名の脳ドック受診者を持っており、この中には地方自治体の諸共済組合、地元優良企業等を含んでいて、こうしたバックボーンがあったため高額投資に踏み切れたとのことでした。核医学を専門にするものにとってPETがいかに役立つかは周知のことですが、他科の先生がその能力に理解を示し、かつ自分の専門外の癌検診目的で導入を決められたことに驚きました。
 平成13年7月、宮崎医大放射線科(現宮崎大学医学部)にいた私のところに見えてPETの有用性を力説し、勧誘を受けました。「クリニカルPETの時代が来た!」と実感して、応諾した次第です。また、厚地理事長の考えの新しい点は、21世紀は予防医学であるとして、癌を芽のうちに優れたレーダーであるPETで探知し、全身どこにあってもピンポイント攻撃できるリニアックナイフで切らずに直そうというものです(その後、この夢が実現し、平成18年10月、世界初の4次元治療スーパーフォーカルユニットをUASオンコロジーセンターに導入)。
 PETセンターを脳外科本院と分離したのは、独立採算で取引銀行も別で、もし当初の見通し通りうまくいかなくても本院の経営に支障をきたさないようにとの配慮です。また後述しますが、PET専用施設としたことで受診者の利便性が良くなりました。建物の工事中からサイクロトロン、ホットセル、PETカメラの搬入設置を行い、竣工後調整しました。その後、同年5月30日に放射線安全技術センターの施設検査を受け6月7日の日付で正式合格となりサイクロトロン運転とFDG合成を開始しました。FDGの検定項目全ての合格を確認した6月14日にボランティア撮影、6月17日から本稼動始めました。

2.施設・装置・周辺機器の特長
 施設は地下1階(一部廃水処理施設が地下2階)地上2階建て、地下1階が管理区域、1階は駐車場と入り口のみ、エレベータで上がった2階に受付、更衣室、診察室、エコー室、CT室、医局兼読影室、院長室、職員控え室があります。平成17年11月には、法令改正に順じて、管理区域を広げ陽電子待機室を設けました。また、PET/CTの予備室も設けております。
施設は鹿児島の繁華街である天文館の近くにありながら駐車場を1階に確保しました。単独クリニックなので、大病院のように駐車場から受付、検査室までうろうろ迷うようなことがなく、受付や窓口で待たされることもなく、受診者にとって利便が図られたと思います。
 核医学装置としてはPETとPET/CTで、住友重機械製超小型サイクロトロンMINItrace(図上)とGE社製PETカメラAdvance NXi2台を導入。 平成16年11月に、PET/CT GE社製 Discovery ST 1台を追加しました。FDG自動合成装置は、当初GE社製Microlabでしたが、その後住友重機製のF100を追加しました。そのほか、超音波診断装置、シングルのヘリカルCTがあり、将来はMRIの導入も計画しています。
 また、(株)MiD製のPACSを導入しPET、CT、エコー全てフィルムレス診断しています。また、持参フィルムはデジタイザで取り込んでいます。

3.診療・検診の内容と稼動状況
 FDG-PETによるがんの早期発見を目的とした検診と平成14年4月から適応になった保険診療とを行っています。(平成18年4月一部改正/保険対応疾患の拡大)保険診療は全て外来のPET検査依頼の紹介患者で、紹介率は100%です。
 がん検診は、PETのみのPETコースと、PETに胸腹部CT、腹部US、腫瘍マーカー、便と尿潜血を加えたPETドックコース、さらにPET/CT導入後、PET/CTに腹部US、腫瘍マーカー、便と尿潜血を加えたPET/CTドックコースの3コースを設けました。検査前に、検査の説明、問診、診察を行い、US→FDG投与→40分安静→CT→PET撮影と回って約3時間で検査終了し、20分後くらいに結果説明をします。GEのデータ処理装置Xelerisを外来において、PETのMIPの動画回転像を見せていますが、受診者には良く分かったと好評です。また、同時にCTもPACSの画面で大きくして連続断層像を見せて説明しています。この説明を丁寧に行うことが大事で、今のところ好評を得ています。リピータも数多く受診されておられます。
 スタッフは、医師3名、診療放射線技師3名、薬剤師1名、工学士2名、看護師2名、受付2名の12名です.
 稼動状況は、直前に地元テレビで数回と新聞で2回取り上げて貰い、反響が大きく順調な滑り出しでした。マスコミの力は大きいと感じています。開設当初は、1日14件のPET検査を行い、現在は1日20件程度となっています。開設から4年半で、受診者は2万人を超えました。
検診の発見率は、2%という実績で、大腸癌、甲状腺癌、肺癌、乳癌など多くの癌が見つかっています。
診療では肺癌、悪性リンパ腫、大腸癌、転移性肝癌、原発不明癌、乳癌、頭頚部癌の順で、これは紹介してくる病院の先生方の認知度に依存します。平成18年4月には、食道癌、子宮癌、卵巣癌に適応が拡大され、外科や婦人科からの依頼も増えているところです。また、同時に、PET/CTの保健適応も認められ、臨床診断に威力を発揮しています。
PET検診の新たな取り組みとして、開設以来、県内の地方自治体、各種共済組合、各種企業・各種団体が検診としての、受診制度(一部費用の助成)を創設されています。
 このことは地域住民・組合員・社員に疾病予防としての意識付けや、医療費の抑制に大きくつながって行くものと考察される。年々、このような制度を創設される自治体等も多く、関心の高さがうかがえます。
 また、開設前から「PET」に対しての、理解を深めていただく為に県内外において、市民・医療従事者を対象に「市民講演会」・「セミナー」を実施。聴講者は、述べ5,000名を超えています。今後も、当センターでの診断に関する診療の実績と治療施設である「UASオンコロジーセンター」「ガンマナイフセンター」の実績をもとに、各地で講演会等を実施したいと考えています。

4.おわりに
 当センターのPETが稼動始めて早いもので5年の歳月が経ちました。この間、遠くは関東、東京、大阪、福岡からもお見えになっていましたが、ここ数年は全国各地にPETセンターが設立されたため、鹿児島県内がほとんどとなっています。この鹿児島でPETが成功すれば全国に広がるだろうと確信していましたが、予想を超えたスピードで全国に普及しました。当院には全国から見学や研修に多くの方が見えられ、PETの普及に一役買えたものと自負しております。今やまさに「PET, first!」の時代が到来したことになり、実に喜ばしいことと思ってます。
 私達のPETセンターのモットーは、「全ては受診者の満足ために」ということです。そのことが、スタッフの喜びであり生きがいでもあります。今後も、PETを通じて、県民医療の向上に日々精進して行きたいと思っています。
 (平成19年5月15日 記)


PAGE TOP