地域連携・相談室のご案内
   
  厚地脳神経外科病院では地域の医療機関・介護福祉施設との連携を強化し、地域医療のサ−ビスの充実をはかるため「地域連携・相談室」を設置しております。
「地域連携・相談室」を経由してご紹介いただきました患者さまには、出来るだけスム-ズに受診していただけるように努力しておりますので、ぜひご利用ください。
   
   専門の相談員が問題解決のお手伝いをいたします
 
地域連携・相談室では、患者さまやご家族が抱える様々な心配なことに関して、医療ソーシャルワーカー(MSW)が、お話を伺い解決のお手伝いをさせていただきます。
現在、看護師 社会福祉士 精神保健福祉士 介護支援専門員が担当しております。
ご相談される方の立場に立ち問題について一緒に考えていきます。
どんな小さなことでもお気軽にご相談下さい。
   例えばこんな時に
 
  • 入院や通院中の医療費や生活費が心配。経済的なことを相談したい。
  • 家族の介護で困っている。利用できる制度やサービスを知りたい。
  • 自宅の近くで療養できる病院や介護施設の情報が知りたい。
  • 退院後の生活は、どうしたらよいのか相談したい。
  • 介護保険などの福祉制度の利用方法について知りたい。
  • 施設の入所について相談したい。
  • 困っていることがあるが、誰に相談したらよいか分からない。

 
その他、お悩みごと不安なことなどご相談下さい。
ご相談内容については、個人の秘密を厳守致します。

相談料は無料です。

 月曜〜金曜
(祝日等を除く)
   午前9:00〜午後5:30
担当:山口 中村  
 

   お問い合わせ先
 
相談を希望される方は、2階中央の地域連携・相談室にお越しください。不在の場合は、受付職員にお申し出下さい。(事前にご連絡頂くと、確実にご相談をお受けいたします。)

   
   脳卒中の地域連携とは
 


脳卒中を発症したら、発症直後の診断と専門的治療と再発予防を行う急性期、リハビリテーション中心の回復期、病状が落ち着く維持期・在宅・かかりつけ医の各段階で、専門の医療機能(得意分野)をもつ病院で治療を受けることが回復への早道です。

救急医療の機能
(急性期)
回復期リハビリテーション機能
(回復期)
療養医療の機能
(維持期・在宅・かかりつけ医)
脳卒中の発症直後で、救命のための治療や手足の麻痺等を最小限にとどめるための早期リハビリテーションが行われます。 病状が落ち着き、損なわれた身体の機能を取り戻すための専門的なリハビリテーションが行われます。 日常の身体活動や、生活機能の維持向上のための生活リハビリテーションが行われます。
合併症の予防、身の回り動作の早期自立のためのリハビリテーションが実施できる体制が必要 理学療法、作業療法、言語・聴覚療法等が、専門医療スタッフにより提供できる体制が必要 在宅復帰を支援するため居宅介護サービス等の調整ができる体制が必要

 地域医療連携に係る医療機関一覧(鹿児島市域/脳卒中)

 
鹿児島県のホームページ
 当院との脳卒中連携保険医療機関一覧
 
ダウンロード 


脳卒中地域連携パスについて

脳卒中地域連携パスとは、主に上記の医療機関が一緒に考えて作成した医療機関連携のためのツールの一つで共通の診療計画書です。患者さんが転院されたり、介護施設に入所されたりする際に、この脳卒中地域連携パスを使って施設間の情報共有に役立てています。

 

パスの内容 
 鹿児島脳卒中地域連携パスソフトは、医療法人春風会 田上記念病院様により作成されたもので、
脳卒中地域連携に関わる多くの施設が利用し情報共有のツールとして活用させていただいています。
 

「鹿児島脳卒中あんしん連携ガイド」について

鹿児島脳卒中地域連携ネットワーク研究会MSW小委員会で作成した「鹿児島脳卒中あんしん連携ガイド」が配布されて参りました。
イラストがふんだんに使われていて、とても分かりやすい資料となっています。

   
ダウンロード

 

PAGE TOP